新着情報・お知らせ
新品電源ユニット 大幅値下げランキング (2019-11-15)
PANASONIC CF-74パソコン バッテリー
電源ユニット 【 Power Supply Unit 】
FUJITSU FMVNBP230 パソコン バッテリー

パソコンの起動が遅い悩みを解消する6つの対処法

1. パソコンの起動時にどんな作業をしている?

Windowsパソコンの電源をオンにすると、パソコンが使える状態になるまでの間に以下のような動作が行われます。

【1】マザーボードに埋め込まれている初期プログラムが動き出す

【2】記憶装置(HDD、SSDなど)に保存されているOS(Windowsなどパソコンを操作するための基本プログラム)が起動する

【3】Windows起動後、自動的に起動される各種プログラム(スタートアップ、Windowsアップデートなど)が立ち上がる

【1】の高速化は現実的ではないので、【2】と【3】の工程を短縮することで、パソコンの起動が遅い問題を改善することができます。

工程短縮のアプローチは、

[A]自動的に行われる作業を減らす

[B]パソコンの処理を高速化する

2. 作業を減らして起動を早める方法

パソコンの起動時に自動的に行われる作業を省略することで、起動の高速化をはかっていきましょう。

2-1. プログラムの自動的な起動を解除する

2-1-1.スタートアップの見直し(初級編)

購入時から時間がたつほど起動が遅くなっていくのは、起動時に必ず立ち上がるプログラムが増えていくことが原因のひとつです。

こうした常駐プログラム(常に起動されているプログラム)は、スタートアップというフォルダの中にショートカットがまとめられています。

Windows7までのスタートアップ確認法

[左下のスタートメニュー]→[すべてのプログラム]→[スタートアップ]

Windows8のスタートアップ確認法

エクスプローラーで[PC]→システムの入っているドライブ(一般的には「C」)→[ユーザー]→ユーザー名のフォルダ→[AppData]→[Roaming]→[Microsoft]→[Windows]→[左下のスタートメニュー]→[プログラム]→[スタートアップ]

スタートアップに入っているファイルはショートカットであり、プログラム本体ではないので削除しても問題ありません。

とはいえ削除することが心配だったり、元に戻す可能性があるなら、ショートカットファイルをスタートアップから別の場所に移動させて保存しておきましょう。

2-1-2. スタートアップの見直し(上級編)

自動起動されるソフトは、上で解説したショートカットとは別の場所にも記録されています。

Windows7の場合

[左下のスタートメニュー]→[ファイル名を指定して実行]→[ウィンドウにmsconfig]と入力してエンターを押す

[スタートアップ]のタブを選択すると、起動時に立ち上がる常駐プログラム一覧が表示されますが、表示名がわかりにくいかもしれません。たとえばiTunesのように、通常のパソコンの使用に直接影響を与えないと判断できるものだけ、チェックを外すことで自動的に起動しないように設定できます。

Windows8の場合

[左下のスタートメニューを右クリック]→[ファイル名を指定して実行]

[msconfig]と入力し[OK]をクリック

[スタートアップ]のタブを選択し、[タスクマネージャーを開く]をクリック

プログラム名が日本語表記になっているため、Windows7よりはわかりやすくなっています。明らかに使用しないと思われるものは、右下の[無効にする]をクリックしてスタートアップから外しましょう。

2-1-3.セキュリテ

パソコン